カードローンの申し込み時の収入証明の取得とその意味

カードローンの申し込み時に、収入証明を提出することを審査基準要綱のひとつにしているところは多いです。
収入証明と言うのをわざわざ会社が発行している訳ではありません。
それは給与明細書でのことですので、給与明細書で収入の証明とすることができます。
それか、もしくは課税証明書であったり、源泉徴収票で証明する場合もあります。
それぞれの就業形態によって分かれるところですが、一般的には給与明細書で事足りるかと思います。
ですが、即日融資カードローンというのは事業者向けに発行するケースがありますので、事業者は給与を明細で受け取っていなければ、別の証明方法が公的な文書である訳です。
実際に銀行系でお金を貸す場合は返却の予定証明が必要ですのでその収入証明が必要であることと、総量規制と言う枠組みの法律によって指定されている借入金の総額を金融サービス業者が確認するためです。
よって、従業員形態で働いていない人は、給与明細書等ではカードローン申し込みでの書類提出は不十分ということです。
この場合の従業員形態でない人たちというのは、雇用者・経営者を含みます。
そして、不労所得収入の方たちも、給与明細がないという形になります。
この不労所得収入者というのは、不動産関連・取引関連の仕事をしている人たちのことです。
なので、収入証明の提出の書類項目の中にさまざまなことが書いてあると思われますが、一般には在職会社の給与明細で事足りる形になります。
もしくは、総量規制の枠内での借入金総額の審査のケースでは、収入の計算を出すのに税金関連の証明書類が必要になるわけです。
実際は、私文書による証明よりも公文書による証明の方が強力ですので、予備の書類として提出する枠がカードローン系の申し込み時の選択にあれば、審査の確実さにつながります。
在職証明といういい方もありますが、これは就業している会社の部署に電話連絡を金融サービス業者がかければ済むことです。
収入証明は書面での提出と言う形になります。
金融サービスの申し込み書の書き方が分からない場合は、相談窓口で詳しく聞くとよろしいでしょう。
カードローンにもいろいろな種類がありますから、http://www.s-ntc.com/などのサイトも参考にして、選んでみてください。
自分のおかれた状況によって最適なカードローンというのは違いますから、よく比較してみましょう。
申し込みもWEBで行うか、無人契約機で行うか。融資もカードを発行してもらっておろすのか、口座に自動振込してもらうのか。
さまざまな方法があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です